FC2ブログ

多摩の自然散策(備忘録)

多摩地区の自然が大好きで日々散策しながら目に触れたものを撮影しています。

湧水池のオオタカ

今朝は浅川合流点にある湧水池先の広場に行ってみました。
本当はセッカの雛達を狙って行ったのですが、今朝は動きが少なかったです。朝が早すぎたせいもあるかもしれません。
ちょっと疲れて一休みしていたら、すぐ側の通称「猛禽のとまる柳の木」に黒い影が見えました。
一瞬、なんだカラスか・・・、と思ってカメラを下げたのですが、何だか胸騒ぎがしました(笑)
もう一度見直したら、なんとオオタカの成鳥でした。やった!


通常はこんなに近くだったらとっくに逃げられていたのですが、今朝は私の方が先に来ていたので大丈夫だったようです。
猛禽類は目が良いので、自分に近づいてくる者に対してはもの凄く警戒心がありますが、自分が来たとき既にあったものに対しては全く警戒心を抱かないように感じました。
勿論、ここで私が動けばすぐに飛ばれてしまうので、じっと我慢をしていました。
近づいたり、移動さえしなければ、カメラを構えたり、あるいは下げてモニターで確認したりなどの行為は全く気にならないようです。
DSC_3580.jpg

お陰様で、こんなに近い位置なのに警戒されることなく、10分程じっくりと撮影が出来ました。
オオタカはその間、羽繕いをしたり、痒いところを掻いたり、ストレッチなどをしてとてもリラックスしているようでした。
DSC_3612.jpg

こんなにリラックスしているオオタカを近くで見るのは初めてでしたので、とてもラッキーでした。
DSC_3628.jpg




スポンサーサイト



  1. 2013/07/24(水) 20:41:21|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

公園のオオタカ

公園のオオタカを見に行ってきました。
おおよそのポイントしかわかりませんでしたが、ブラブラしていたら散歩の方が教えてくれました。
指さす方を見上げると、オオタカの成鳥(♀)が木のてっぺんに留まっていました。
ここで幼鳥達の様子を見守っているのでしょう。


ほどなく、カラスの騒々しい鳴き声が聞こえました。
すると地元の方が「オオタカが来るぞ!」と教えてくれました。
なんでカラスなのに?と聞くと、オオタカの幼鳥はカラスを追いかけるのが好きだからとのことでした。
流石に良く観察していらっしゃいます。
感心している間に、目の前を3〜4羽のカラスの群れが通過していきました。良く見ると、その中に茶色っぽい鳥が1羽混じっています。
あれがオオタカだ!とばかりに私も大興奮です。
目の前、数メートルの近いところを飛んだ一団はすぐ側の梅の木に入りました。
そうっと中を覗いたら、オオタカの幼鳥が居ました。
すぐ側にはカラスが1羽・・・。距離にして1m程度しか離れていません。そして睨めっこです。
DSC_8613.jpg

カラスが調子に乗って近づくと、流石に嫌って羽を広げて威嚇します。
DSC_8622.jpg

このあと、カラスと共に雑木林の中をあちこち移動していました。
まるで子供達の鬼ごっこです(^^)
何処へ移動しても、そのたびに大きな声で鳴くので、すぐに居場所がわかります。
DSC_8818.jpg

暫くしたら背後の雑木林で、ちょっと違う鳴き声が聞こえました。
振り向いて薄暗い林の中を覗いたら・・・。成鳥(♂)が餌を持って来ました。
どうやら餌渡しのようです。大きな声で鳴いて幼鳥を呼んでいます。
この時の獲物はモグラでした。
DSC_8850.jpg

このまま、優しく獲物を手渡し(足渡し?)するのかなと思ったら、幼鳥が飛んできた瞬間に獲物を置いて飛び上がりました。
考えてみたら手加減を知らない幼鳥が餌欲しさに飛んできたら、この鋭い爪で傷つけられる恐れもありますよね。
だから親といえども離れたのでしょう。
DSC_8871.jpg

餌を貰った幼鳥は地面に降りて食べ始めます。
流石にモグラには戸惑っていましたが・・・
DSC_8975.jpg

一緒に撮れたのは2羽迄でした。ハッキリはわかりませんが、もう1羽いたと思います。
DSC_9275.jpg

それにしても、こんな町中にある公園でオオタカが営巣、子育てをするとは驚きです。
これからも大事に見守っていきたいものです。
DSC_9343.jpg







  1. 2013/07/16(火) 22:31:37|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

市内のツミが巣立ちました。

駅のホームから丸見えの場所でツミが営巣していました。
そして、やっと雛全員が巣立ちました。
通勤で駅に向かう人々の頭上を飛び交っています。


いったい何人の人が頭上のツミに気がついているのでしょうか?
_DSC7949.jpg

ほとんどの人が、鳴き声が聞こえても全く気がつかないで駅に向かいます。
もっとも野鳥に興味がない人にとってはあたりまえですよね。
_DSC7979.jpg

子供達は自由奔放に飛び回っていますが、親はその側で警戒を怠りませんでした。
私が近づくと威嚇らしい行動をとることがありました。
彼らの領域に入り込むのだけは避けないといけません。
_DSC7998.jpg




  1. 2013/07/14(日) 21:14:43|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

緑の湧水池

久しぶりの湧水池は水草が大繁殖して緑一色でした。
写真

土手の上から見ていると、何処からとなくカイツブリの雛達が現れ、泳ぎだしました。
DSC_8359.jpg

DSC_8371.jpg

こちらは別個体です。
DSC_8404.jpg

お池の周りを飛んでいたのはガビチョウのみでした。
カワセミの幼鳥も来ていましたが、中々良いところにとまってくれません。
DSC_8387.jpg

ハグロトンボも多かったです。
近くで観察しながら良く見ると、羽をゆっくり広げる動作など、とても魅力的なトンボです。
DSC_8407.jpg

イトトンボなら、この小さな浮き草にも十分に乗れますね。
バンはまだ抱卵中でした。
DSC_8426.jpg







  1. 2013/07/12(金) 02:32:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウ まだいました。

今度出会えるのはいつになるかわからないので、時間がある限り会いに行っています。
でも、毎日出会える訳ではないので、その都度もういなくなってしまったのかとガッカリする事もあります。
実は昨日も出会うことが出来ませんでした。
そして、今朝も薄暗いうちから行ったのですが、全然姿が見えません。
しばらくベンチの腰掛けて飛ぶのを待ったのですが、これも成果なし。
諦めて帰りかけたのですが、途中で聞きなれない声がしたので見上げてみたら・・・
なんと、フクロウの雛がかがみこむようにして私の方を見降ろしていました。
う~ん、まさか私が観察されていたとは全く気が付きませんでした(笑)。


私が撮影しだしたら、やはりシャッター音が気になったのか近くの枝に飛び移りました。
羽を広げた姿は迫力があって、しかも綺麗ですよね。

この羽を記念に欲しいなぁと(笑)
最近、野鳥の羽に興味が湧き、少しずつ集め始めたので、フクロウがいない時を狙って付近を探してみようと思います。
先日はお仲間が1枚拾い、それを譲っていただきました。以前から欲しかったのでとても嬉しかったです。
_DSC5353.jpg

_DSC5354.jpg

_DSC5355.jpg

暫くすると親が飛んできました。
_DSC5371.jpg

今度はそれを見た雛が親のところへ飛んできます。
不意を付かれた親は慌てますが、近くの枝へ移動します。
その後、しばらくして目をつぶって眠り始めました。

こうなると親子共々暫くは動かないでしょう。

やはり早朝は活発に動きます。
暫く寝たらまた動き出すようですが、時間もあまりないので早々に撤退でした。
なんとかここに居る間に綺麗な飛びものを撮ってみたいので、もう少し通ってみたいと思います。
_DSC5390.jpg


  1. 2013/07/03(水) 19:11:02|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

M.Sato

Author:M.Sato
写真掲示板に掲載した分を含め、お気に入り画像をアップしています(掲示板が過去画像を見るのに不便なため)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (224)
野生動物 (10)
猛禽類 (44)
フクロウの仲間 (29)
野鳥 (79)
昆虫 (2)
河原散策 (1)
公園散策 (0)
景色 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR