FC2ブログ

多摩の自然散策(備忘録)

多摩地区の自然が大好きで日々散策しながら目に触れたものを撮影しています。

今朝のフクロウ雛 いつまで居てくれるのだろうか。 

もう居なくなるだろうと思いつつも、居てくれる間はなるべく多くの記憶を残そうと思って通っています。
このところ、親はほぼ毎日観察できたものの、雛の姿は中々お目にかかれませんでした。
そんな中での久々の出会いはとても嬉しいものでした。


少しでも長くいて欲しいのと、また来年も来て欲しい気持ちで一杯です。
でも、今迄だけでも随分とみんなを楽しませてくれました。感謝です。
_DSC4270.jpg

本日、栄誉ある残念賞を頂いた写真です。一応顔が少しだけですが見えます(笑)
_DSC4280のコピー



スポンサーサイト



  1. 2013/06/29(土) 16:51:52|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コゲラのマイホーム

広場の入り口付近にあるモミジの木にコゲラが巣穴掘りをしていました。
後頭部に赤い斑紋があるのでオスのようです。

_DSC4086.jpg

今日はこの広場でアルペンホルン?の練習をしている人がいましたが、その大きな音も気にせずに一心不乱に掘り続けていたようです。
私が側を通ってもまったく気にしないで掘り続けていました。
_DSC4120.jpg

離れたところから観察してみたら、なんと3階建てのマイホームを建築中の様でした(笑)
下から順に試し堀りと言ったところでしょうか。
_DSC4111.jpg

コゲラの巣はこれで3回目くらいの観察となりますが、今思い出してみると、いづれも巣穴の上にキノコがありました。
これって、私の勝手な想像ですが、雨よけのための日差しみたいなものでしょうか?
良く見たら、この穴の上にもキノコが生えていました。
でも、このサイズじゃあまり役に立ちそうにないですね(笑)
_DSC4101.jpg





  1. 2013/06/28(金) 21:27:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のフクロウの様子です。

6月22日から今日までのフクロウの様子です。
雛も大分大人の色合いが出てきましたが、まだまだ親が付き添っています。


_DSC1537.jpg

フクロウの手のひらには猫みたいに肉球がありました。知らなかった・・・
これのお陰で、木にとまったりするときも無音なんでしょうかね。
_DSC2576.jpg

時折、ストレッチをします。やはり長い時間木にとまっていると体が凝ってくるのでしょうね。
_DSC2637.jpg

今朝の撮影です。
このあと、かなりの低空飛行で飛んでいったので、もしかしたら餌獲りだったかも知れません。
さて、いつまで居てくれるのでしょうかね。
_DSC3296.jpg



  1. 2013/06/26(水) 21:07:38|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湧水池のバン

先日行ったとき、カイツブリの雛は見えたのに、バンの雛の姿は全く見えませんでした。
その時はたまたま運が悪かっただけと思い、今朝再度行ってみました。
すると、バンの親がせっせと巣材運びをしていました。


これって、2番子、3番子の準備でしょうか?
_DSC1318.jpg

この時期ですから、もしかしたら1番子が完全に自立したのか、あるいは全く逆になんらかの原因で失敗したのかですよね。
_DSC1300.jpg

しかも、池の畔のテトラポッドから丸見えの場所に・・・
もともとカイツブリに比べると、人間をあまり気にしない鳥さんですからね。
どちらにしても雛の姿をなんとか見てみたいものです。
_DSC1314.jpg
  1. 2013/06/21(金) 20:51:10|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウ雛のアクシデント

今朝もフクロウ親子がのんびりと羽繕いをしていました。
こういう光景を見る度に思うのは、あんなに高い場所でよくも怖くないものだと・・・。
飛べるからと言えばそれまでなんですが・(笑)

それよりも、こんなに大きな体でこのような枝が多い森の中を自由に飛び回るものだと不思議に思っていました。


いやな予感が当たりました。
しばらくたって、雛の動きが変だと思った瞬間に落ちた(飛んだ?)。
右の羽がもろに枝にぶつかってしまいました。
親もビックリして眼を丸くしてます。
_DSC0379.jpg

両方の羽に力を入れてなんとか体勢を立て直そうとしています。
_DSC0380.jpg

しかし、力尽きて落下です。
親も見ているだけで、どうしようもないようです。
_DSC0382.jpg

でも、さすがに野生児です。
すぐに体勢を整え、30m程先の木に飛んでいきました。
ちょっと間をおいて親も心配だったのか、雛の元へ飛んでいきました。
本当にアクシデントだったのか、単に飛び出すときに羽がぶつかるのは日常的なのかは分かりませんが、見ている方はドキドキものでした。
_DSC0384.jpg
  1. 2013/06/17(月) 20:36:44|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カイツブリ(雛)、ホシゴイ、オオタカ成鳥 ー湧水池にてー

久しぶりでお池の付近でのんびりしてきました。
狙いのカイツブリの雛はすっかり大きくなっていました。


雛は確認出来ただけで4羽いました。
_DSC8614.jpg

この2羽は他より体が小さかったのでちょっと遅めの誕生のようです。
_DSC8634.jpg

正面顔です。もう頭のてっぺんに赤い部分が見えます。
本当はバンの雛も見たかったのですが、今朝は親しか出て来ませんでした。
_DSC8696.jpg

上空を鳴きながら飛ぶホシゴイです。鳴き声を聞いたのは初めてだったかも・・・
_DSC8945_20130609134604.jpg

さて、帰ろうかと思って赤鉄塔を眺めていたのですが、猛禽の姿無しでした。
首が痛くなったので、いったん下を向いてから再度見上げたら、なんといつの間にかオオタカが来ていました。
しかも出撃体制です。
_DSC9071_20130609134528.jpg

そしてあっという間に出撃というより落下です。
_DSC9080.jpg

先日は土手にいた私の頭上を通過して多摩川に突入したのですが、今朝は鉄塔直下に獲物を発見したようです。
_DSC9085.jpg

例によって翼を折畳んでの急降下は迫力があります。
_DSC9090.jpg

このオオタカはオスのようなので、多分小鳥系を捕まえて巣に運ぶのでしょう。
もし、時期が違ってメスだったら大物を捕まえ、長い時間をかけてその場で食べることが多いので、鉄塔の下まで見に行くのですが・・・
やはりオオタカは迫力が違いますね。
疲れて首を下げたとき、再び見上げなかったら完全に見落としていたであろうと考えると、とても運のいい朝でした。
_DSC9096.jpg







  1. 2013/06/09(日) 14:12:43|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウ 甘えん坊な雛

フクロウの可愛さに負けて今朝も行ってきました。
最初は姿が見えなかったので帰る方もいたのですが、少し粘っていたら、お仲間からいるよの情報が・・・
最初は親だけだったのですが、すぐに雛が飛んできました。
この後も何度か近くを飛び回り、とても活発な動きをしていました。もう親と同じように飛び回っています。


その後、雛は親と同じ枝に少し離れてとまりました。
_DSC8028.jpg

しかし、しばらくするとそ〜っと親に近づいていきます。
_DSC8108.jpg

親は餌を持っていないのに変だなぁと思っていたら、親に顔を擦りつけて甘え始めました。
親に顔を舐めてもらって(掻いて貰ってかな?)ご満悦の表情です。
_DSC8157.jpg

今度は頭も掻いて貰います。痒いのもあったかも知れませんが、甘えたかったのでしょうね。
_DSC8174.jpg

親が疲れて「もういいでしょう」と言ってもまだまだしつこく催促します。
今度は首の辺りを掻いて貰い、羽を広げて「気持ちいいよう」とばかりに悶えています(笑)
_DSC8379.jpg

流石に面倒を見きれなくなった親は隣の枝に移動です。ちょっと恥ずかしいアングルでご免なさい(^^;
_DSC8392.jpg

そして雛もやっと諦め、足を折り曲げて木の枝にペッタンコになって眠り始めました。
このあと、親子共々深い眠りにつきました。
最後の方は私とお仲間の二人だけでの観察となりました。こんなに静かな環境でフクロウ観察が出来て幸せです。
_DSC8518.jpg
  1. 2013/06/08(土) 15:24:40|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウ(親)の飛び出し

今朝もノンビリムードでフクロウに会いに行きました。
新しい場所はベンチに腰掛けての観察も出来るのでとても楽です。
勿論雛もいましたが、今朝はかねてからの狙いであった飛びものに的を絞りました。
雛ばかりを追いかけるのも可哀想ですからね。

その気持ちを汲んでか、親がいいところにとまってくれました。ちょっと遠いけど・・・


今日こそはと思い、飛び出す瞬間を待ってジーッと見つめます。
勿論蚊の攻撃も凄いのですが、この際好きなだけ吸わせて、じっと我慢です(笑)
というより、フクロウに集中していたので血を吸われているのに気がつきませんでした。

そのうち、フクロウが体勢を変えます。今だ!とばかりに連写体勢です。
でも、連写もタイミングを間違えるとどうしようもない写真の連写になりますから、注意が必要ですね。
_DSC7375.jpg

飛び出しました!
正直いうと、飛び出した瞬間からは冷静さを失い、ただ夢中でシャッターを押し続けただけでした。
_DSC7378.jpg

シャッタースピードがあまり稼げなかったのでブレ気味です。
それでも自分としてはそれなりに満足できるカットとなりました(^^)
_DSC7379.jpg



  1. 2013/06/05(水) 20:31:28|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウの巣立ち その後

今朝は久しぶりでフクロウに会いに行ってきました。
このところ、お祭り騒ぎになったら嫌だなぁと思い自粛していたのですが、地元のお仲間に様子を聞いたら週末も驚くほど閑散としていたと聞いて安堵しているところです。

さて、雛の様子ですが、以前の場所から結構移動していました。
私より先に来ていたお仲間に聞いたら、最初は親子揃っていたのだが、カラスにモビングされ飛び去ってしまったのとのこと・・

ガッカリでしたが、暫く周囲を探していたら、また元の場所に戻ってきました。
襲われても元の場所に執着するのは、餌を捕りに行ったオスが戻って来るのを待つためなのでしょうか。

雛の姿を探してみたら、こんなところに・・・・
まるで「葉っぱの影から覗いている私に気がつかないでしょう」と言っているようです。
でも、下半身が丸見えなんですけど(笑)
_DSC7150_1.jpg

いつものように雛の側ではお母さんが見守っています。
横顔がとても優しい感じですね。この顔を見たらやはりメスだと信じてしまいます。
_DSC7166.jpg

留守を守り、子供を守るお母さんも大変ですが、必死に餌採りに励むお父さんも頑張っています。
(フクロウは雌雄の判別が難しいとのことなので、あくまでも私の勝手な思い込みです)
_DSC7122.jpg




  1. 2013/06/04(火) 21:18:50|
  2. フクロウの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョウゲンボウの餌渡し

チョウゲンボウが元気だとの情報をいただき、早速行ってみました。

橋の一番奥のベンチに先着カメラマンが5人ほど陣取っていました。
その中のお一人に様子を聞いてみたら、奥の巣で雛が顔を出し始めたので、雛の落下を待っているとのこと・・・
そんなこと期待しちゃダメですよ。と言ったものの、もし落下したら病気の感染も予想されるから絶対に素手で触らないようにとアドバイスしました。
私も以前に素手で触ってしまい、後に注意された経験があるので・・・

さて、今朝は一人だけで餌渡しを狙います。
時折、オスを待つメスが飛び回ってくれます。尾羽を広げてくれたのですが曇り空だったのが残念でした。

私がカメラを構えていたとき、背後に羽音がしたので振り向いたらドバトが地面に降りてきました。
するとチョウゲンボウが、このハトに一気に襲いかかり、追い払います。
巣に近付けたくなかったのでしょう。
襲いかかる瞬間は残念ながら撮影できませんでしたが、戻っていくシーンです。
近すぎてフレームからはみ出します。
私も嫌われているのかなと思ったので、今度は少し離れたところで狙うことにしました。
_DSC6683.jpg

やっとオスが獲物を運んできましたが、撮影失敗でした。
ただ、いつもと違ったのは、いったん餌を受け取ったメスが、すぐには雛に与えず、近くの樹上に運んで行きました。
普通はオスが羽をむしって下ごしらえをした状態で運んでくるのですが、その状態が気に入らなかったのでしょう。
ここでメスが残った羽をむしっていました。
結構神経質なメスのようで、オスも何かと気苦労が多いのではと同情してしまいます(笑)
_DSC6733.jpg

やっと思い通りに仕上がった獲物を持って巣に向かいます。
_DSC6749.jpg

御覧の通り、雛が食べやすいようになった獲物を掴んで巣に入ります。
とりあえず狙った餌運びが撮れたので、今朝はこれで撤退でした。
何度も通ったチョウゲンボウですが、やはり出会うたびにとても新鮮に感じます。
_DSC6762.jpg
  1. 2013/06/02(日) 12:18:34|
  2. 猛禽類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

M.Sato

Author:M.Sato
写真掲示板に掲載した分を含め、お気に入り画像をアップしています(掲示板が過去画像を見るのに不便なため)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (224)
野生動物 (10)
猛禽類 (44)
フクロウの仲間 (29)
野鳥 (79)
昆虫 (2)
河原散策 (1)
公園散策 (0)
景色 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR