FC2ブログ

多摩の自然散策(備忘録)

多摩地区の自然が大好きで日々散策しながら目に触れたものを撮影しています。

カイツブリの孵化

大池のカイツブリが2回目の営巣でやっと雛が孵りました。
卵は全部で6個、今朝までに孵った雛は4羽でした。
今朝も雨が降り続き、台風の影響が心配ですがなんとか乗り切って欲しいものです。
kaituburi1

kaituburi2
スポンサーサイト



  1. 2011/05/29(日) 08:53:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオヨシキリ

今朝は久しぶりで大栗川合流へ行ってみました。
到着早々に聞こえたのはセッカとオオヨシキリ、イカルチドリ(コチドリ)達の鳴き声でした。
最初は雨だったので観察舎の中から見ていたのですが、下流方向を見たらシシウドの花が咲いていました。
これは、もしかしたらシシウドの花にセッカが止まるかもと思い、早速近づいて待機してみることにしました。
ところがやってきたのは意に反してオオヨシキリでした。これはこれでとても嬉しかったです。
似たようなカットが多いですが・・・
オオヨシキリ1

枝が被ってしまいました。
オオヨシキリ2

シシウドの花を食べている(蜜を吸っている?)様にも見えましたが、花につく虫を食べていたのかも・・・
オオヨシキリ3

オオヨシキリ4

4オオヨシキリ5

そして、この一帯では一番背が高い枯れ枝に止まって羽繕いをしていました。
この場所は、昨年もソングポストとして一番目立っていました。
やはり傘とカメラをもっての手持ちは撮影は辛いですね。今度は三脚持参で狙ってみようと思っています。
5オオヨシキリ6






  1. 2011/05/28(土) 20:42:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高原の湿原へ

今回は写真の数も多くダラダラと長くなってしまいそうなので、適当に飛ばし見をお願いします。

今朝は早起きして湿原を散策してきました。まだ出会ったことのないオオジシギに会いたくて・・・
初めにこの湿原を1周してみました。ゆっくり歩くと1時間半くらいかかります。
途中でカメラマンが一人いたので情報を聞いてみたら、声は聞こえるからいるのは間違いないんだけどなぁ・・とのこと。

いることは間違いないんだったらもしかして・・・と期待しながら一周し終え、出発点付近でノンビリと休んでいました。
しばらくしたら突然頭上を横切る野鳥の姿が見えました。クチバシが長いのでオオジシギに間違いないと思い必死に連写です。
初の遭遇にちょっと興奮してしまいました。
オオジシギ1

このあと、しばし撮影結果などをカメラのモニターで確認していたら、今度は遙か上空で白っぽい鳥さんが飛んでいました。
時折ホバらしき仕草も見せ、てっきりハヤブサかなと思ってシャッターを押していたのですが、近づいた姿を見たらこれもオオジシギでした。こんなに高いところを飛ぶとはちょっと驚きでした。
オオジシギ2

羽の模様が見える写真も撮れました。
オオジシギ3

背景の青空が出た画像を・・・
オオジシギ4

ここで興奮した気持ちを落ち着けるために小休止です(笑)。
散策路沿いのベンチに腰掛けていたら、突然今までに聞いたこともないような不思議な音が聞こえました。
音のする方を振り向いたら、またもオオジシギが草むらから飛び出し急降下中でした。
この不思議な音はオオジシギの羽ばたきの音だったようです。こんなに大きな音で羽ばたいていたらすぐに敵に見つかってしまいそうですが、この羽音もディスプレイ行動の一つなのかもしれませんね。
飛びながら大きく口を開け、一生懸命鳴いているのでしょうが、遠すぎて良く聞こえませんでした。
(画像はピクセル等倍です)。
オオジシギ5

このあと、数秒後にまたも別な場所から飛び立ちました。
そしてホバリングをしたかと思うと、すぐに急降下です。
トータルで7回ほどの飛翔を目撃しました。ただ同じ個体のケースもあるので個体数としては4~5羽かな?と思いました。
時間が経ってくると、あまり飛び上がることはしなくなり、草むらの中をあちこち移動していました。こうなると鳴き声だけは聞こえるのですが、なかなか姿を見ることは難しくなります。
オオジシギ6

途中でこんなシギも飛び出しました。これは何でしょうね?
(これもオオジシギの可能性大とのアドバイスを頂きました。ありがとうございました)
ヤマシギ?1

ヤマシギ?2

さて、本当に長くなって申しわけありません。以下高原の定番です。オオジシギの出番待ちに遊んでくれました。
まずはノビタキです。
ノビタキ1

ノビタキ2

そしてノビタキのフライングキャッチです。
ノビホバ1

ノビホバ2

最後です。ホオアカはノビタキよりも数が多かったです。
ホオアカ2羽

ホオアカ1














  1. 2011/05/21(土) 17:41:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピンボケな桜ヶ丘公園散策

昨日の撮影です。
サンコウチョウに会いたくて久しぶりで公園に行ったのですが、願いは叶いませんでした。

広場では2羽のカルガモが眠っていました。私が通りかかったので目が覚めたようです。こんなところで見かけるのもちょっと珍しいですね。
カルガモ

次にキャンプ場の横を通って新しいお池に行こうと思って歩き始めました。。
柿畑のところを歩いていたら何か気配がしたので、ふと横を見たら、なんとわずか4~5m程先の枝にオオタカの成鳥が止まっていました。しかも目線位置の高さです。
これは飛ばれそうだなぁと思いながらもカメラを構えたら、やはりすぐに飛び立ってしまいました。
残念と思ったものの、オオタカは飛び去るのではなく低空飛行で一直線に滑り台の裏側に飛び込みました。
その途端に小鳥の悲鳴にも似た鳴き声が聞こえました。そう、狩りだったんです。
獲物に狙いを定めていたから、私があんなに近くまで行っても気がつかなかったんですね。

しばらく経って小鳥の鳴き声がしなくなったので、そうっと近づこうと思ったら滑り台の裏から突然飛び出してきました。
しかも私のいる方向へ・・・。横に飛ばれればなんとかピントも合わせられるのですが、これでは追い着きません。
ブレ&ピンボケ写真ですが雰囲気が伝わるでしょうかね?
獲物はムクドリでした。
オオタカ1

しかし、散歩する人も多い、こんな場所で狩りとは想像も出来ませんでした。
オオタカ2

このあと、まっすぐ柿畑の上の雑木林に飛び込みました。
久しぶりでオオタカの狩りを目撃できたのは嬉しかったのですが、ちゃんと撮影できなかったのがとても心残りです。
オオタカ3

取り損ねたショックから何とか立ち直り、更に先へ進みます。
今度は高い木の樹上でメジロが鳴いていました。この際何でも撮ってやろうとカメラを構えたら、突然メジロの鳴き声がけたたましくなりました。
以前に、「小鳥たちが警戒しだしたら、すぐ側に猛禽などがいる場合が多いですよ」と聞いていたので、もしやと思って上空に目をやると・・・。来た!猛禽だ・・・
ビックリしながらも慌てていたので露出合わせをしないまま、とにかくシャッターを押しました。
結果は真っ黒でしたが、思いっきり補正して何とか姿が解るかな?という程度です。
一瞬サシバのようにも見えたのですが・・・
(今日、猛禽に詳しい方からサシバの若とのご指摘を頂きました。ありがとうございました。)
オオタカ若1

それにしてもこの公園で短い時間に2種の猛禽に出会えるとは思いもしませんでした。
オオタカ若2

他にはコゲラにアオゲラと言ったところでした。
かなり消化不良な散策でしたが、今後が楽しみでもあります。
コゲラ飛び出し

アオゲラ








  1. 2011/05/20(金) 20:08:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

河原のモズほか

13日にアップした尾羽の短いモズは巣立ち2日めでした。
そして以下の2枚の写真は15日の撮影です。
15mozu

まだまだ尾羽は無いに等しいですね。
15mozu2

この写真は今朝(18日)の撮影です。尾羽が伸びてきましたね。
それでもまだ自分で餌採りは出来ませんでした。
自由に飛べて自分で餌採りが出来るのにはまだしばらくかかりそうです。
18mozu1

すぐ側ではお母さんが見守っていました。
18mozu2

そばの河原では今朝もコチドリが飛び回っていました。
kotidori1

kotidori2

話は変わって、昨日浅川合流点の湧水池に行ってみました。
イタチ一家を期待したのですが気配無しでした。
合間に池を覗いていたら大きなブラックバスが1匹・・・鯉と一緒に泳いでいました。
これではお池の小魚の運命も・・・
最近カワセミの出が悪く、カメラマンも寄りつかなくなりましたが、もしかしたら小魚が少なくなったのが原因かもしれませんね。
日本独自の自然体系を破壊する外来種の放流は絶対に止めて欲しいです。
ブラックバス







  1. 2011/05/18(水) 21:13:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼへ

今朝は早起きして、例年アマサギが来る東名の側にある田んぼに行ったのですが、全く気配無しでした(時間が早すぎたのかもしれませんが・・)。
しょうがないので、お次はアオバズクを探しに町田まで・・・。ここもまったく気配無しでカメラマンも一人もいませんでした。
まだ時間があったので、今度はヤマセミを探しに・・・
ここはカメラマンが10名ほどいたのですが、鳥さんの出は全くありませせんでした。
1枚も撮影しないまま、時間は既に7時になっていました。
ここでふと思い出したのが、以前にミサゴを撮りに来たときに下流付近に田んぼが沢山あったことでした。
ダメモトで向かってみたら、ビンゴ!でした。
田んぼ

最初、土手の上から見ていたのですが、地元の方が散歩していたのでお話を聞いたら、「数年前はこういうこと(田んぼにサギがやって来ること)がなかったけど、みんなで農薬を減らす運動を始めたら、田んぼにカエルやザリガニが戻ってきた。そしてそれを食べるサギ達も来るようになった・・・」とのことでした。
農家の方々の無農薬に対する取り組みに頭が下がる思いでした。
もともとは、子供の頃はザリガニ捕りなどして遊んだのに、全くいなくなってしまったことに危機感を感じたから・・ともおっしゃっていました。
アマサギ1

アマサギのクチバシは通常は黄色なのですが、今朝の群れの中にはかなり赤っぽいクチバシのが数羽混じっていました。婚姻色なんでしょうかね。
アマサギ3羽

撮影していたら農家のお嫁さんらしき人が田んぼへの水やりをしながら近づいてきました。
そして、「あの頭が赤く小さいのはシラサギの子供だよ」と教えてくれました(^^)。
もちろんちゃんと説明してあげましたが、「農作業をしていると後ろから付いてくるからとても可愛いんだよ」ともおっしゃっていました。
撮影のため田んぼに入ったら(畦道を歩いたら)迷惑ですか?と聞いたら、「いやいや全然かまわないけど、でもその靴を汚すのは勿体ないから、脱いで裸足になって入った方が良いよ」って忠告されました。いや、そう言う意味じゃなかったんですけどね(笑)
アマサギ2

今朝はアマサギが6羽にチュウサギも3羽混じっていました。
この個体はクチバシの黒みが強く、飾り羽が出ていたので夏羽かと思われます。
チュウサギ1

こちらが通常の色の嘴ですが、飾り羽は出てますね。
今朝は考えてみたら4カ所も回ってしまいました。でも、自宅に帰り着いたのは9時丁度でした。
ということは、出社前にこれだけの距離を回れる?と考えては見たのですが、さすがにもういいです(笑)
チュウサギ2




  1. 2011/05/15(日) 14:13:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モズの巣立ち

先日雛が落ちていた付近に行ってみました。
実は雛の姿を見たくて、このところ連日通っていました。
でも、なかなか巣立たないので、さすがに飽きてしまいました。そして昨日は別の場所へ散策に・・・
会社に戻るとお仲間から携帯に着信が・・・・
嫌な予感がしたのですが、かけ直してみたら案の定、「雛の写真を撮ったよ!」とのお言葉が・・・やっぱりね(笑)。
気を取り直して、今朝行ってみました。
早速、竹藪から雛が顔を出してくれました。
mozu1

近くにいるお父さんに向かって「ご飯を頂戴!」と必死に訴えています。
mozu2

やっとツーショットになったのに雛の顔が隠れたまま・・残念。
mozu3

しかし、こんなに短い尾羽で良く飛べるものですね。というより尾羽が無い!(笑)
もちろん、まだ小回りは利かないのでしょうけど。
多分、狭い巣の中では尾羽はじゃまだからなんでしょうね。巣立ったらどんどん伸びて来ることでしょう。
mozu4

mozu5

mozu6

近くでは親が真上を飛ぶカラスを見て警戒していました。
mozu7




  1. 2011/05/13(金) 18:42:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩川(関戸橋付近)

どうも最近は定点観測になりつつあります。今朝もいつもと同じ場所です。
まずは警察犬訓練場付近です。
なんとこの辺では初見のホオアカがいました。
週末に高原に行ったとき、定番のノビタキ、ビンズイには出会えたものの、楽しみにしていたホオアカだけは姿が見えませんでした。
まだ地元にいたんじゃ当然ですよね。
hooaka

これもお馴染みさんですが、毎日見かけるし、いつも2羽一緒にるのでペアではないかと思いました。
netで調べても雌雄同色としか書いてありませんでしたが、良く見ると、体の大きさ、色の濃さがちょっと違います。
猛禽類なら体の大きい方がメスのようですが、シギではどうなんでしょうね。
kiasi

シギを見た後、土手に登って落下雛のいた竹藪付近に行ってみました。
突然モズが目の前に飛んできたので威嚇されたのかとビックリしたのですが、足元の草むらに入って虫を捕まえていました。
雑草の中のモズ

そして一旦巣の中に餌を見せに行くのですが、すぐにそのまま近くの枝に移動し、ここで両親揃って鳴き始めました。
まるで、「餌が欲しかったらここまで出ておいで!」と巣立ちを促しているようです。
でも雛は出てこず、巣の中で鳴きあうだけでした。結局まだ早いと思ったのか、5分ほどしてから巣の中に入って餌を渡してきました。でも、巣立ちは近いでしょうね。
モズペア

巣からは大分離れて観察しているのですが、餌探しに夢中になり、時折すぐ側までやって来ることもありました。
モズ♂



  1. 2011/05/07(土) 04:02:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関戸橋下流付近

いつものように河原を歩いていたら、急にモズの激しいほどの鳴き声が聞こえてきました。
土手の方を振り向いたら、犬を連れて散歩中の方が私に向かって手を振っていました。
近づいてみたら「スズメの雛が落ちているけどどうしたら良いのでしょうか?」とのこと。
覗いてみたら、モズの雛でした。巣立ったものの土手に着地してしまい、そこへワンちゃん達がやって来たので固まってしまったようです。
周囲を見回すと両親が心配そうにこちらを見ながら必死に鳴いていました。
散歩の方にも「親が見ているのですぐに助けに来ると思いますので、何もしないで立ち去りましょう」と言って、みんなで大急ぎで撤収しました。

その後、河原散策を終えた帰りにもう一度近寄ってみたら既に雛の姿はなく、親も普通に餌採りをしていました。
きっと無事に巣に戻れたのでしょう。
この分では数日中にこの辺は雛で大賑わいになるのかも知れませんね。
もず落下雛

必死で雛に呼びかけるモズの♂です。
もず♂

こちらは♀ですね。
あれだけ親が鳴いても雛が全然反応しないのは、親が行方不明の子を探して呼んでいるのではなく、「危険だから静かにして隠れていなさい」と忠告しているのかも知れませんね。
我々やワンちゃん達が立ち去ったので、安心して巣に戻ったのでしょう。めでたしでした。
もず♀

すぐ側の河原では婚姻色の出たダイサギが近くに舞い降りてきました。
やっと目先のブルーをしっかり見ることが出来ました。
飾り羽もきれいに伸びていました。
ダイサギ婚姻色1

ダイサギ婚姻色2

これはかなり遠くで撮ったオオヨシキリです。
目の上に黒っぽい線があるように見えるのは気のせいでしょうか?(笑)
オオヨシキリ


  1. 2011/05/05(木) 13:48:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソシギのディスプレイ飛行

今朝も河原をノンビリと歩いてきました。
例によって護岸に腰掛けていたら、突然イソシギ(多分♀)が目の前を通り過ぎました。
イソシギ1

後を追いかけたら、飛んで行く先にもう1羽のイソシギがいました。
イソシギ2

隣に降り立ったと思ったら、先にいた方(多分♂)が思いっきり翼を開きました。
これって以前にオオタカでも飛翔中に見たことがありますが、この時は「ディスプレイ飛翔の一種です」とのアドバイスを戴きました。
このイソシギも同じ行動なのかもしれませんね。
イソシギ3

そしてこのあと、急に飛び立ったと思ったらメスの周囲でホバリングを始めました。
これが良く聞かれるディスプレイ飛行なのかもしれません。
イソシギ4

イソシギ5

イソシギ6

イソシギ8


このあと別の岩に飛び移りますが、残念ながらここでカメラのバッファが満杯でシャッターが押せませんでした。
肉眼で見た限りでは、交尾が成功したように見えました。
ISOSIGI

イソシギ9



  1. 2011/05/01(日) 20:40:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

M.Sato

Author:M.Sato
写真掲示板に掲載した分を含め、お気に入り画像をアップしています(掲示板が過去画像を見るのに不便なため)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (224)
野生動物 (10)
猛禽類 (44)
フクロウの仲間 (29)
野鳥 (79)
昆虫 (2)
河原散策 (1)
公園散策 (0)
景色 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR